2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.04 (Thu)

「捨てる」ということ。

※記事後半に事故に関する話が少しあります。
  苦手と思う方はご遠慮ください。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~



捨て犬の十戒



1. 僕を迎えてくれた時の事は決して忘れません。
暖かい家族の中で幸せでした。ご主人様との楽しい思いでは決して忘れません。



2. ご主人様が望んでいるようには振る舞えなかったかもしれません。
僕はあまり可愛らしくなかったかもしれません。
でも、ご主人様に喜んでもらいたくて、精一杯頑張ったことだけは本当です。



3. ご主人様がいなくなっても、きっと迎えに来てくれると思って待っています。
側にいられなくなった訳は良くわからないけど…
僕を嫌いになったからじゃないと自分に言い聞かせています。



4. 僕を産んでくれたお母さん、お父さんに、ありがとうって言いたい。
こうして楽しい思い出を宝物にできたのも、命を与えてくれたからです。
生きているから味わえたのです。ありがとう。



5. 今は、たくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。でもみんな悲しそうです。
僕もなぜか寂しい、物足りない気持ちでいっぱいです。



6. 多くの仲間達は、連れていかれ二度と顔を見ることもない毎日です。
そのときの悲しそうな目を見たことがありますか。



7. 一部の仲間達は、たまに新しいご主人が連れて帰ります。
ご主人様が迎えに来てくれないなら、僕も新しいご主人様に連れて行かれるかもしれない。
優しいご主人様だったら嬉しいけど………



8. 僕にはご主人様を選ぶことはできません。
でも僕を迎えてくれるご主人様が、どこかにいるかもしれない。
もしそうなったら、今度はもっともっと気に入られるように頑張ります。



9. ご主人様、早く僕を迎えに来てください。
そして今度こそずっとそばに置いてください。それだけが僕の願いです。



10. ご主人様、これだけは覚えておいてください。
僕だって生きているということを。
心だってちゃんとあるということを。
天に召される最後の時まで、ご主人様に尽くしたいと思っていることを。


JHPAさんの「捨て犬の十戒」より引用させていただきました)



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~





犬の十戒』というものがありますが、
こちらは、「犬と私の10の約束」という映画によって
より多くの人に知られるようになりました。



「犬の十戒」が犬を飼うにあたっての心構え、なら、

「捨て犬の十戒」は、犬を捨てるにあたっての訴え、
とでも言えるでしょうか?



実際にイヌを捨てる、と決めたヒトに
この十戒の言葉は届かないかもしれません。

だけど、呼びかけたい言葉、だと思いました。



捨てられて、新しい飼い主と出会えるイヌは
ほんのわずかです。


捨てられて、新しい飼い主と出会えなかったイヌを
待っているのは、殺処分です。



そして、ネコは、イヌよりも処分される数が多く、
また、離乳前の子猫にいたっては
譲渡対象にならない(即処分)自治体も多いのが現実です。






昨日、会社にいる私に、相方からメールが届きました。


「子猫が轢かれてた・・・」

「車止めるに止めれなかった。高速入り口だったから・・・」


そのあとのメールもずっと落ち込んでいて、私は心配でした。


やっと仕事が終わって、相方も用事が終わって
横浜にいるというので合流し、一緒にその場所まで
行きました。


高速入口の側道は単線なので駐停車は不可能、
そこで1本隣の住宅街の道に入り、側道の裏にあたる
ところに車を停め、見に行きました。


子猫の姿はありませんでした。

相方がそこを通ったのは約2時間半前、
きっと道路公団に連絡があったのかもしれません。


相方もチラっとしか見えなかったそうですが、
ソックスをはいたような柄の、小さな体だったそうです。


もしや親ネコや兄弟がいないかと、周辺の草むらや
建物の陰などを見て回りましたが、ネコのいる気配は
ありませんでした。

側道に出るには、フェンスを越えなければ出れません。


そんな危険な場所に、どうして子猫がいたのか、
親ネコだったら、もっと安全な場所を選ぶはず、
人気がなく、すぐ近くにはゴミの不法投棄を注意する看板、
悲しい考えが消えませんでした。


相方は、もっと早くにあそこを通っていれば・・・と悔い、
仕方がない、と言っても、昨日はずっと落ち込んでいました。



ネコを捨てる、イヌを捨てる、命を捨てる、、、


そのへんに捨てるのも、センターに持ち込むのも、
なんら変わりはありません。



「捨てられる」命が、なくなることを願います。



           太一と大吾



スポンサーサイト
    web拍手
21:00  |  飼い主のいないイヌやネコのこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。