2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.25 (Mon)

20km圏ライン。(加筆あり)

     東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) ←まとめサイトにリンクしています

     緊急災害時動物救援本部 ←東北地方太平洋沖地震の動物救援活動サイトです

     東北地震犬猫レスキュー.com ←被災した方の犬・猫の救援情報特設掲示板です


                             【1クリック募金】
 tohoku180_80.gif  jNFcA.gif
    ↑募金先:CIVIC FORCE       ↑募金先:ピースウィンズ・ジャパン      ↑募金先:日本ユニセフ協会
                           







しまった。前回は保護した報告で記事終わってしまいました。


相方のつぶやきを見て、伝えたいと思ったことを書いてないと、思い出しました。


私たちが走った国道399号線は、20km圏外です。


でも、ノーカラー、ノーリードの犬たちが歩いています。


南相馬市内で見かけた(前記事で写真にあった)犬もそうですが、


保護した4匹(と逃がした黒っこ)の他にも、相方は犬を見つけています。


愛護団体さんたちのブログでも書かれていましたが、この子たちはおそらく、


20km圏内から出てきた犬たちだと思うんです。


生きるために。


だから、20km圏内が警戒区域に指定されたからといって、


保護ができない、エサやりができない、だから行ってもしょうがないとは思わないでほしい。


限られた数かもしれないけれど、自力で圏内から出てきた子たちのために、


これから出てこようとしている子たちのために、ごはんを運ぶことは意味があるし、


車を見て近づいてくる犬たちが野犬にならないために、保護も必要です。


もちろん、動物救援のための圏内立ち入りを認めてもらうことが一番確実で早いので、


それらを関係各所に「国民の声」「飼い主の声」として訴える、すっごく大事です。


同時に、今助けを求めてきている動物のために、20km圏ライン周辺での活動も


ものすっごく大事だということが、今回行って、自分の目で見て感じました。


うちのように、保護したくても保護場所がない、って方は、活動されている団体さんや


保健所(相双保健所)、市町村に相談してみてください。


今できること、まだまだあります。





【4/28 13:30加筆】
相双保険事務所では、警戒区域内のペットの保護要請は受け付けておりません。
現在、相双保険事務所では問い合わせの電話が多く業務に支障をきたしているようです。
緊急の場合以外、お電話でのご相談はお控えいただきますよう、お願い申し上げます。








【応援しています】

被災動物たちのためにがんばっているぶたまるさんのブログはこちら→にゃんことバーベキュー

みっくす☆ジュースのマメKさん主催の東日本大震災動物救援プロジェクトはこちら→RP_banner.jpg

必要物資などの最新情報がわかるBBSはこちら→BBS (物資送り先変わったみたいなので要check!)

(物資のほか、仙台でのボランティアさん急募ー!)




          サラの里親さんを募集しています  お問い合わせお待ちしています

            KKuRO.jpg いつもありがとうございます<(_ _)>

             
          【東京近郊】成猫の一時預かりにご協力いただける方を募集しています。  
                 メールフォームよりお問い合わせお待ちしています。
(ただいま一時停止中)

          ↓ 【関東】ネコ友さんちの里親さん募集です。よろしくお願いいたします! ↓
                   
        ↓ひとつちゃん決定!おめでとう!       
         U5JPQ.png pe8Io.png Bg7IJ.png
                  h1Dtf.png 1289289550fcn7l9K5.gif

    web拍手
16:50  |  3・11被災動物関連  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

日記

たまさんの日記私の方でも転載していい?

福島の現実知りたい人沢山いると思うんだよね
キークーパパ |  2011.04.25(月) 18:05 | URL |  【編集】

v-132キークーパパさん
どーぞどーぞ。こんなブログでよければ使ってください。
たまこ |  2011.04.25(月) 23:00 | URL |  【編集】

たまこさんや沢山の方達の頑張りに心から感謝致します。
大した事も出来ない自分が情けないですがせめてもと私も関係各所へ友人達にも頼み嘆願を送りました。
人間だけの勝手な都合で他の命達が犠牲になっては本当にいけないですよね
どうか頑張る皆様お身体だけはご自愛下さい。
やわにゃん |  2011.04.26(火) 00:59 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.04.26(火) 01:53 |  |  【編集】

これから、20km圏内には人もいなくなり、ボランティアさんが置いた餌もなくなったら、きっと人の気配があるほうへと動ける子たちは出てきますよね。
犬たちもあきらめていないんだから、人もあきらめず何とかしなければ。
昨日のニュースで防護服の獣医さんが家畜処分のために圏内に入っているのを見て、命を助ける目的でもなんとかならないか、と考えました。

たまこさん、いろいろ現地の情報を届けてくれてありがとうございます。
ぷ~めぐ |  2011.04.26(火) 02:18 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.04.26(火) 09:58 |  |  【編集】

コメントありがとうございます!!

v-132やわにゃんさん
ご友人にもお声をかけていただき、ありがとうございます!
人が作ったもので、人の対応の遅さで、動物が犠牲になるのはおかしいです。
現地でがんばりつづける方々の体調が心配ですね。


v-132ぷ~めぐさん
動ける犬は、人が出入りしていた道路をたどって圏外に出てくることも可能です。
でも猫や、やっとの思いで放牧してもらった家畜たちは、その場からほとんど移動しないでしょう。
たとえ仕事でも、圏内に入った獣医さんがたにも、ぜひ現実を伝えてほしいです。


v-132鍵コメKさん
これからも宜しくお願いします!
たまこ |  2011.04.26(火) 15:04 | URL |  【編集】

たまこさん!
もしも同乗できそうでしたら。

シェルターで使えるようなら小さな電気暖房機、ファックス付電話あります。
環八(harumatsuaki) |  2011.04.30(土) 14:58 | URL |  【編集】

v-132環八(harumatsuaki)さん
メールしますね~
たまこ |  2011.04.30(土) 15:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tamakohouse.blog36.fc2.com/tb.php/483-7ed77a61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。